タンパク質の多い食品や部位別の含有量まとめ

タンパク質とは?

タンパク質とは?

 

タンパク質は、人のからだをつくっている約60兆個の細胞の主成分で、筋肉をはじめ、皮膚や髪の毛、骨の一部も、タンパク質でできています。

 

人体を構成するタンパク質は、およそ10万種類あるといわれています。

 

人のからだの70%は水分ですが、タンパク質が占める割合は水分に次いで多く、からだの20%近くにのぼります。

 

水分を除く固形分のうち、60%以上をタンパク質が占めていることになります。

 

 

このタンパク質が不足すると、肌を構成するたんぱく質のコラーゲンの代謝が低下し、美しい肌を保てなくなります。安易なダイエットなどはしないよう注意しましょう。

 

必須アミノ酸をバランスよく含む良質タンパク質食品は、肉や魚、卵などの動物性食品が多くなります。

 

ただし、摂り過ぎぎはよくありません。植物性タンパク質、野菜類なども忘れずとるのが健康のもとです。

 

 

タンパク質は20種類のアミノ酸からなる

 

筋肉のみならず、皮膚や血管、消化器といった身体の主要パーツもタンパク質から作られます。

 

たとえ鍛える気がなくても、タンパク質の摂取を第一に考えないと話しになりません。

 

タンパク質は英語でプロテイン(Protein)ですが、その語源は、ギリシャ語の「プロティオス(第一に大切なもの)」なのです。

 

その大事なタンパク質は体内ではアミノ酸としてやり取りされます。身体を作るタンパク質は20種類のアミノ酸が一列に連なったものです。

 

身体は水で満たされていますが、アミノ酸には水分になじむ親水性と水分になじまない疎水性のアミノ酸が内側に折り畳まれ、親水性のアミノ酸が表面を覆うボール状となり、タンパク質としての機能を発揮します。

 

ちなみに肉類や魚介類のタンパク質はそのまま吸収されるわけではありません。消化器内でアミノ酸に分解・吸収されて、身体の中で再びタンパク質に合成されるのです。

 

 

身体は最大10万種類のタンパク質からなる

 

血液中で生命活動に欠かせない酸素を運ぶヘモグロビン、同じく血液中で自然治癒力を担っている免疫グロブリン、化学反応の触媒となる各種酵素、脳内などで情報を伝える神経伝達物質です。

 

筋肉や皮膚以外に、これらもタンパク質とアミノ酸からなり、全部合わせると数万から最大10万種類のタンパク質が体内に存在しているといわれています。

 

 

アミノ酸のうち9種類は体内では合成できない

 

身体は在庫を最小限に抑え、必要な物質をタイミングよく合成して効率的に利用します。糖質、脂質、タンパク質の3大栄養素のうち、糖質と脂質は好きなときにつくられます。

 

糖質から脂質がつくられ、アミノ酸と脂質から糖質ができるのですが、タンパク質だけは自由に作り出すことができません。

 

タンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうち半数近くに当たる9種類は体内で合成系を持ちませんが、これは合成量が必要量に満たないアミノ酸だからです。

 

20種類のうち、8種類(グリシン、アラニン、セリン、プロリン、アスパラギン酸、アスパラギン、グルタミン酸、グルタミン)は糖質などから合成可能です。

 

そして3種類(システイン、チロシン、アルギニン)は他のアミノ酸などから作ることができます。

 

1種類でもアミノ酸が足りないとタンパク質ができないので、それ以外の9種類の必須アミノ酸は毎日の食事から取り入れないとタンパク質の製造は滞ってしまいます。

 

 

 


森永製菓 ウイダーinゼリープロテイン


飲むコンディショニング ウイダーinゼリー プロテインEMR配合。 たんぱく質の働きを強めるEMR※14mg配合 ※「EMR=酵素処理ルチン」 すばやいたんぱく質補給に。
page top