タンパク質とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

タンパク質とは?

タンパク質とは?タンパク質は、人のからだをつくっている約60兆個の細胞の主成分で、筋肉をはじめ、皮膚や髪の毛、骨の一部も、タンパク質でできています。

 

人体を構成するタンパク質は、およそ10万種類あるといわれています。
人のからだの70%は水分ですが、タンパク質が占める割合は水分に次いで多く、からだの20%近くにのぼります。

 

水分を除く固形分のうち、60%以上をタンパク質が占めていることになります。

 

タンパク質が不足すると、肌を構成するたんぱく質のコラーゲンの代謝が低下し、美しい肌を保てなくなります。安易なダイエットなどはしないよう注意しましょう。

 

必須アミノ酸をバランスよく含む良質タンパク質食品は、肉や魚、卵などの動物性食品が多くなります。ただし、とりすぎはよくありません.植物性タンパク質、野菜類なども忘れずとるのが健康のもとです。